FC2ブログ

 ・脳卒中の歩行について ・「御机下」と「御侍史」の使い方 ・仕事で認められるには ・リハビリテーション提供単位数という時間で図る量的概念は考え直す必要がある ・悩みをもつということ ・方法論・結果を教え込む指導をする・受けること ・動作わ分析する意義とは(回復期) ・講義 ・「自立」と「自律」 ・医療における質について ・退院時期を見据えたリハビリテーション計画に必要な目標設定 ・「理念」「方針」「目標」の違いについて ・コミュニケーション能力とは ・人材開発について ・後輩の臨床OJTで考慮すべきこと ・役職と序列の役割 ・「不満」への対処 ・「チーム」と「グループ」 ・人間が成長するために必要な3つの教え ・報連相とは ・仕事を極めるためには「貢献」と「成長」がかかせない ・結果よりプロセスが大切 ・自分を知るということ ・プロとは2 ・プロとは ・気遣いがうまい人はいいセラピストが多い ・常に自問自答を繰り返し、正しい努力をせよ ・みるということ ・ダニエル・ピンクのモチベーションの3段階 ・時間の使い方が下手な人に限って、他人の時間をよく奪う ・セラピスト育成 ・要望や提案に簡単にNOと言わない ・チームマネジメントに欠かせない管理者同士の意志疎通 ・人材育成は急がず根気よく ・仕事における「平等」と「公正」について ・判断について ・方針と目標って?? ・モチベーションの3段階 ・専門学校特別講義 ・個人面談期間中 ・病院の収入とセラピストの適正収入 ・いい実習を目指して ・評価実習が始まった ・マネージャーとリーダー ・書籍の紹介 ・効果が上がらない回復期の6単位以上の算定は認めない ・質の評価が加速化 ・管理運営に役立つ資料 ・フランスベッドからデモ機を借りる ・降格人事もありではないだろうか… ・チームにとって欠かせない中堅者の存在 ・社会人基礎力 ・新人が心掛けること、指導者が指導すること ・「ゆとり世代」を知り、教育・育成を考える ・リーダーシップについて ・退院前訪問指導 ・頑張り損が生じない組織を考えなければ未来はない ・理学療法士の就職について考える(専門学校vs大学) ・身近にいる〝先輩〟を有効に活用しよう ・〝気遣い〟が上手くできる人は仕事もできる ・SWOTで自分自身を知り、行動・実行目標をたてよう ・症例検討会を行う意義 ・職場環境をどうつくるか… ・人材獲得 ・実習生に伝えたい回復期の臨床における脳卒中理学療法評価の考え方 ・これからの時代、自分の人材価値を高めていく必要がある ・3年目までに考え3年目以降にどう行動するか ・理学療法士、作業療法士募集のお知らせ ・臨床3年目は大きなポイントかもしれない ・そろそろ次年度の募集がはじまる時期… ・回復期で実習指導者として臨床実習にどう関わる? ・〝スペシャリスト〟を目指す?〝ジェネラリスト〟を目指す? ・学生さんに対する特別講義の依頼での悩み… ・臨床家として学生へ貢献すること ・人材育成の多様化 ・書籍の紹介 ・カンファレンスについて考える ・次世代のリーダー育成で思うこと ・「やりたいことをするためには」… ・ICFをリハビリテーションに活用しよう ・「働きやすい職場」にする意義 ・臨床の疑問・問題をどう判断し解決する? ・新人研修① ・今日から新年度 ・今年度最終勉強会 ・4月からに向けて ・「方針」と「目標」を定め実行することが大切 ・「ケーススタディー」と「ケースレポート」 ・認定試験もようやく終わった ・どうすれば指導する側として学生や後輩の学習意欲を高められるだろうか… ・理学療法士 新卒者募集のお知らせ ・4月からの新人教育に備えて ・昨日の院内勉強会 ・次年度の新人教育計画 ・実習生や後輩の指導者として考えること ・個人面談の必要性を考える ・退院前訪問指導後の報告書を作成する ・院内教育の充実を考える ・「医療人として」という新人教育について考える ・年度方針や計画を考え、伝える必要性 ・受動的から能動的な学習 ・「指導」をどう考えるか… ・採用基準 ・業務効率化 ・「気づき」の重要性 ・仕事始め ・12月19日 院内勉強会 ・畿央大学ニューロリハセミナー ・担当者の力量で患者さんに不利益を与えてはいけない ・ ・ ・ ・医療ドラマを見て感じること ・今日の勉強会(11月20日) ・プロ野球の監督の姿を見て… ・「指導」と「アドバイス」について考える ・「気が利く」「気が回る」若手セラピストは将来性がある ・朝型勤務のすすめ ・子育てから学ぶことは多い ・回復期の組織体制… ・管理者として必要と感じること ・お勧めの書籍 ・セラピストマネジメントを考える ・学習を進める ・勉強会 ・書籍の紹介 脳 ・質を上げるために思うこと ・指導に必要な動機づけを考える ・指導者に必要な能力 ・後輩の指導で感じること ・OJTで指導者に必要なことを考える② ・OJTで指導者に必要なことを考える① ・本日の勉強会 ・スキルアップとキャリアアップ ・私が理想とするチームビルディング ・医療監視の準備 ・症例検討会の活用を考える ・医療監視からすべきことを学ぶ ・仕事を「任せる」ということ ・8月21日勉強会「退院前訪問指導について」 ・8月19日院内勉強会「回復期退院後の転帰先について」 ・「管理」「マネジメント」どう時間をつかう? ・「不満」をどう解決する!? ・「与えられる仕事」から「自ら探す・創る仕事」を増やす ・よりよいOJTを行うためのOff-JTの活用 ・当院の人材募集 ・普段のOJTは階層性を考えたほうがいい ・中堅セラピストの求められる役割からOJTを考える ・職場内での新人職員のOJTを考える ・今日の勉強会 ・部門内におけるOff-jtについて考える ・実習指導者の質の向上 ・セラピストに必要な心技体 ・8月の勉強会予定 ・回復期からの転帰先に伝えること② ・回復期からの転帰先に伝えること① ・在宅にいる要介護者の4分の1が独り暮らし ・昨日の院内勉強会 ・2010年から2013年で独居高齢者14%増加 ・回復期における入院患者の推移 ・今日オープンのハリー・ポッター ・入院時訪問指導の評価って… ・在宅復帰率は本当に有効な指標なのか① ・名プレイヤーは名監督にあらず ・在宅継続率に関する調査 ・4月~6月の院内勉強会実績 ・365日リハは本当に必要なのだろうか… ・回復期から生活期(老健)へどうバトンをつないでいくか ・リハビリテーション専門病院として考えること ・回復期セラピストの1日、1ケ月の生産性 ・社会医療法人とは ・特定医療法人とは ・初めての症例発表の前や指導のためにこれだけは準備しよう ・症例研究とは ・抄録を書くポイント ・症例報告とは ・臨床問題解決のための症例検討(ケースカンファレンス)を活用しよう ・「統合と解釈」と「考察」の違い ・実習レポート指導 ・評価における統合と解釈 ・動作観察のポイント ・メンバーと組織が共に成長するために何をするか ・回復期における理学療法評価のポイント ・ワークショップ型研修って?? ・プレイングマネージャーとしてできること ・リハビリテーションマインド ・書籍紹介 治療・教育 ・書籍紹介 運動療法、評価など ・残業せずに業務を終えよう ・自分が思う管理者像 ・書籍の紹介 運動学解剖学系 ・トップダウン評価とボトムアップ評価を使い分ける ・今日の院内勉強会 ・将来管理者を目指す人のために ・ニューロリハ関連書籍① ・下肢装具の書籍 ・脳関連書籍① ・リハビリテーション病院の求められていること ・デイリーノートを有意義に活用しよう ・今日の宿題6/12 脳卒中リハ ・臨床実習で思うこと ・予想通り ・臨床実習生のために体系を考え直す ・勉強会資料作成時のポイントの整理 ・メンバーの意欲を高める5つのインセンティブ ・経験学習からフィードバックを考える ・若手教育にPBLは活用できそう ・個人の目標をどう設定する?? ・リハ分野における市場動向を考える ・目標なきところに実行なし ・最近の自分の管理能力について思うこと ・問題解決のポイント ・「働きやすい環境と働き甲斐」のアンケートから① ・宿題5月29日「学生・後輩指導を考える」 ・学生(後輩)は指導者の力量以上には伸びない ・理学療法士の学生指導 ・宿題5月25日 ・組織変革の9つのステップ ・ポジティブアプローチで職場を活性化する方法 ・今日の宿題5月23日 ・ストレスを溜めない方法 ・メンバーの目標を簡潔に導いてあげよう ・必要な能力を身に付けよう ・これからのリハセラピストとしての関わり ・提案や勉強会のプレゼンを分かりやすく伝えよう ・POSによるカルテの書き方についてもう一度見直してみよう ・単位数を多くとるセラピストが有能?? ・今日の宿題 ・回復期病院の戦国時代-リハ部門で何を考えるか- ・今日の勉強会ーストレッチングー ・効果的な改善策を考えるフレームワーク ・セラピストの戦国時代ー個人として何を考えるかー ・シフトを組むときに考えること ・会議をマネジメントするフレームワーク ・私が考えるEXILEから学ぶチームビルディング ・組織変革のモデル ・学生や新人指導におけるフレームワーク ・ホワイトカラーエグゼンプションで思うこと… ・ギャップアプローチとポジティブアプローチ ・いい勉強をさせてもらいました ・働きやすい職場環境を考えて… ・理学療法士のコンピテンシー ・やらされ感をどう変えるか ・代行でみた右皮質下出血の患者さん ・生活改善のための機能回復を… ・ワークライフバランスに取り組もう ・働き甲斐のある職場って?? ・働きやすい職場って?? ・管理職となる前に思っていたこと② ・リハ部門の経営的マネジメントで考える基本的なこと ・自律できる後輩指導を考える② ・管理職となる前に思っていたこと ・自律できる後輩育成を考える ・収患力をあげるために必要なことを考えてみた ・患者さんに対する責任をもつ ・充実加算算定に必要な取得単位数を予測する ・回復期リハの必要な数字的なことを… ・メンバーの頑張りを経営者側へ伝える大切さ ・やる気を出させる腹側淡蒼球 ・報酬と学習 ・尾状核と側坐核のモチベーションの違い ・側坐核を働かせ、やる気スイッチを入れる ・モチベーションがリハビリテーションによる運動機能回復と関連する ・勉強会という残業 ・クライアントのモチベーションを高められるセラピストになろう ・モチベーションをあげるための“欲求” ・妻が脳炎で入院したときの経験 ・お礼 ・モチベーションを上げる“動機付け” ・モチベーションを上げるための目標設定 ・残業をしなくて当たり前に… ・片麻痺の運動機能回復について考えてみた ・在宅へのアプローチを真剣に考えていかないと ・ホームページ作ろうかな… ・OFF-JT(集合教育)で何をコンセプトにするか… ・若手セラピストにお勧めの勉強方法 ・回復期のセラピストに求められていることって ・お願い ・だらだら会議ってもったいない ・横のつながり ・年功序列って… ・チームマネジメント③ ・チームマネジメント② ・やるべきこと ・院内勉強会 ・新たな勉強会を企画しようかな ・仕事を“まかせる”ということ ・中堅層の育成は難しいところ… ・今日から新年度 ・最近考えてること ・教育について ・新人教育について思うこと ・新人の採用って… ・管理職になって思うこと① ・チームマネジメントの意義 ・チームマネジメント①の例えば… ・チームマネジメント① ・controlとmanagement ・リハビリテーションの管理職者って ・4人の所属長に師事して… ・3、4年目の頃に思っていた疑問

RSS

全エントリー一覧