FC2ブログ

 ・脳卒中の歩行について ・実習生に伝えたい回復期の臨床における脳卒中理学療法評価の考え方 ・退院前訪問指導後の報告書を作成する ・今日の宿題6/12 脳卒中リハ ・代行でみた右皮質下出血の患者さん ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:臨床のエントリー一覧

  • 脳卒中の歩行について

    先日、県の学会で発表させていただいた脳卒中の歩行についての資料の一部をアップしたいと思います  まず、治療戦略の概略として、支持の安定性獲得というバランス能力の改善と、運動コントロール改善を進め、動作安定性を改善しながら、できる限り正常で効率的な動作パターンへ改善を図り、介助が必要な状態から見守りへ移行できるようにしていく。そして、さらに実用性や機能性を高めながらADLへ汎化させる必要があり...

  • 実習生に伝えたい回復期の臨床における脳卒中理学療法評価の考え方

    学内授業と臨床の違い学内授業では、おおまかにはこのように一つ一つの評価項目の評価方法や実技を学習していると思います臨床実習指導に携わって感じることはこれら学内で習った評価方法を実際の臨床でどう考えつなげていくかという部分の流れや考え方がわからないことがあるのではないかと感じます実際の臨床では、運動機能面の部分だけでなく見る視点というのは多岐にわたりますこの視点が大切になってくると思いますもう少し拡...

  • 退院前訪問指導後の報告書を作成する

    退院前訪問指導後に報告書を作成する際何が必要か新人セラピストの人には時間がかかるしどうすればいいのかという部分で悩むことがあると思います報告書作成について参考になればと思います...

  • 今日の宿題6/12 脳卒中リハ

    今日は失行についての宿題…スライド約70枚で無事まとまりましたまぁまぁのできかな臨床場面では使えるのではないかと思います...

  • 代行でみた右皮質下出血の患者さん

    右皮質下出血で、MRIを確認すると右の角回、縁上回、後頭葉に出血が浸潤しているそして別に左の小脳半球にも出血が…感覚統合の問題、左の半盲ありそうだな…左の運動コントロール、筋収縮タイミング遅延あるかなといろいろ予測しいざリハへ感覚統合は問題なさそう半盲か注意の問題か…物体中心座標での左側に問題があるコーディネーションも問題あり身体、姿勢図式にも問題ありそうコーディネーションに関しては、内部モデルの形成を試みて歩行機能に...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫