FC2ブログ
RSS

2015年10月のエントリー一覧

  • 降格人事もありではないだろうか…

    病院などでは個人的理由がない限り降格人事というものは皆無に近いと思う…しかし特にスポーツ界では、結果がでなければ選手でも首脳陣でも解雇や解任がある個人的な想いとして私自身リハビリテーション部門に所属し、その管理を任されている立場として思うことは結果や成果が出せなければ降格もありではないかと思うそれくらいの覚悟をもたなければ管理者として、メンバーやその家族の生活を守ることはできないと思う僕自身、資質...

  • チームにとって欠かせない中堅者の存在

    PTのチーム、リハ部門組織などいろいろな組織体制がありますがそこに必要なのは、一部の優れた管理者ではなく中堅やリーダーなどの中間層の存在が重要だと思います中間層は下の意見や提案などを聞きながら、上の考えや方針などとすり合わせていくなどの上と下をつなぎあわせる連結ピンの役割が重要で、これがないと、上と下の思いが解離してチームはうまく機能しなくなると思います僕が常に個人面談で中間層のメンバーにこのことの...

  • 社会人基礎力

    社会人基礎力は重要です詳しくは経産省のページで見れますhttp://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/...

  • 新人が心掛けること、指導者が指導すること

    非常に参考になります自分自身が心掛け、後輩にも指導していきたいものです...

  • 「ゆとり世代」を知り、教育・育成を考える

    ゆとり世代が育ってきた環境 「個性の尊重」「落ちこぼれをなくす」といった環境で育ってきた世代で、 教育が相対評価から絶対評価へと評価制度が変わり、全体での順位ではなく、個人の努力の過程が評価軸として採用された このような環境から、競争心は希薄化、平等性へ変化 個性が尊重されることで、自分が好きなことをやりたい願望が強くなる また、少子化が進展し、子供向けサービスが充実したことで周りから何かをしても...

  • リーダーシップについて

    リーダーシップとは 自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動リーダーシップの機能 上記のリーダーシップについての概念を解釈していくと ①何を目的に何を目標として進んでいくかという方向性を示す ②方向性を明確にし、目標達成に向けた実行計画 ③チームとして目標を達成するためにメンバー1人1人の強みを生かしメンバー...

  • 退院前訪問指導

    パソコンのファイルを整理していたら10年前の退院前訪問指導についての取り組みについて発表した資料がでてきたので今回は、退院前訪問指導の報告書作成について書いていきたいと思います...

  • 頑張り損が生じない組織を考えなければ未来はない

    リハ部門ではなかなか金銭面の処遇について優遇する権限し難しい部分がある…しかし頑張っている人が認められず、そうでない人と同等ではどうだろうか…そこに少なからず疑問があるそのような体制であるとどのようなことがあるかそれは頑張っている人、成果を出している人のモチベーションが低下する…つまりそのチームに対する貢献について認められなければ〝離職〟を考えるということにつながっていくのではないでしょうか...

  • 理学療法士の就職について考える(専門学校vs大学)

     新卒者の理学療法士の就職について、採用する立場の視点から思っていることを書いてみたいと思います...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫