FC2ブログ
RSS

2016年05月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • セラピスト育成

    セラピストとしての技術部分に対する教育に力を入れることは最も重要なことであるがセラピストが技術部分だけのスキルアップではいけないと思う社会人基礎力に対する教育リーダーシップチーム、組織マネジメントなど技術部分のスキルアップ以外にも学習そして経験していかなければならないことは多い技術以外の部分における教育を継続的に行っていかないと組織運営においてもうまくいかなくなる組織においても、個人においても技術...

  • 要望や提案に簡単にNOと言わない

    要望や提案に対して自分の考えと異なるから…反対されるから…などの理由で簡単にNOと言い切っていいものだろうか?出された要望や提案に対して実現した場合のメリット、デメリットは何か誰のためになるのかといった部分を吟味した上でメリットが大きい場合実現に向けた課題整理が必要メリットが大きいにも関わらず自己の課題整理から解決能力、調整力がないことで実現できないとしてNOと言ってはどうしようもないと思うNOは統合的に...

  • チームマネジメントに欠かせない管理者同士の意志疎通

    チームやメンバー個人を管理するという部分に対して管理者が必要なのではなく、チームやメンバー個人をマネジメントしていくために管理者というものは必要でありそのための洞察力、実行力、判断力、課題解決力は欠かせないと思うチームにおける管理者は一人というところもあると思うが、多くは数人同じ立場の管理者が存在するそのなかで、最近同じ立場の管理者が各個人の考え方の違いはあれどもビジョンが統一された中でお互いが互...

  • 人材育成は急がず根気よく

    人材育成は急ぎすぎてもなかなか結果がついてこないということについイライラしてしまうまずは各人それぞれの強みをどう活かせるかを考え役割を与え、責任を持ってもらうことから始めるようにしているそれぞれの得意なことや強みを活かすことがチームにおいて活性化や能動性をもたらしモチベーションアップにつながるということを実感するそして到達してほしい理想の姿を提示しながら現状とのギャップを埋めていくために何をすべき...

  • 仕事における「平等」と「公正」について

    「平等」とは個人の資質、能力、努力、成果に関係なく一定の規則通りに遇するシステムとなっていること「公正」とはすべての人に対し、機会が均等に与えられており、成果を上げた者が評価され、報われるシステムとなっていることリハビリテーション部門の運営での多くは、「平等」を基盤に「年功序列」と「勤続年数」により評価・報酬などが決まってくる一見このシステムにより「安定」は得られるが果たしてこれでいいのかと疑問を...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。