FC2ブログ
RSS

リハビリテーション病院の求められていること

少し前までは
リハビリテーションという観点から考える
病院の機能としては
個々の強みに特化してその部分の最適化を
考えればよかったが
外部環境の変化やニーズの変化により
状況が変わってきているのではないでしょうか

今回はリハビリテーション病院の求められること
について考えてみたいと思います

◆「地域包括ケア」と「高齢化」
一番大きな変化として地域包括ケアということ
ではないでしょうか
今まではリハビリテーション病院の機能として
分業で自院の強みに特化していればよかった部分は
ありましたが(例えば入院リハのみなど)
これからは
“分業”ではなく
いかに
一つの病院でリハビリテーション機能を集約できるか
これが大きなポイントではないでしょうか

普通に考えても、例えば…
内科の病院にかかる
整形外科の病院にかかる
など
分業しているとそれぞれの病院に行く
ところが
総合病院だと多くの科があり
1ヶ所で済む

これと似たようなことが
リハビリテーション病院にも必要となってくると
思います

特にこれからますます高齢化が進む…
何ヵ所も回るのは大変…

リハビリテーション病院の機能集約
・入院リハ
・外来リハ
・外来診察
・訪問リハ
・訪問診察
・予防、健康増進事業
・短時間デイ
・老健、デイなどの介護保険サービスとの連携
など
一つの病院でリハビリテーションに関する機能が
集約されていれば
地域住民にとっても
リハビリテーションのことはあの病院に…」

“分かりやすく”“安心できる”ということを
提供できる

これからはリハビリテーションにおける
総合病院化がおおきなポイントとなってくるのでは
ないでしょうか
・ケアマネジメント
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: リハビリテーション 機能集約 地域包括ケア
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す