FC2ブログ
RSS

教育について

僕は、臨床場面、学生指導場面など様々な場面で、“教育”という言葉はあまり好きではない

もちろん教育的なことも必要だか、“教育”というと、上から一方的な押し付けのイメージがあるから…

教育”という言葉を使うときは、“共育”という意味合いで考えています

学生さんにしても、後輩にしてももちろんいろいろな場面で指導はしますが、それによって

自分自身も学ぶことが多いです

また、自分が後輩であっても“教育”するだけの人格者でもないですし

指導される側、する側双方が成長できることの“共育”がすばらしい成果を発揮すると思います

そのような思いら、新人教育とか、教育システムとかいう言葉は使わず

新人育成とか育成システムといった言葉を使用し、

環境整備をすることが、お互い成長できる

ポジティブなアプローチの一つと考えています
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 勉強会 教育 育成
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す