FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6: by seinosuke on 2014/07/10 at 06:43:39 (コメント編集)

こんにちは。

おっしゃるとおりだと思います。
最近のリハの世界は、ずっと手をかける、寄り添うことが優しさだと思われる傾向があるようですね。学校の先生や親は、子どもたちが厳しい社会に出た時にやっていける能力を高めてあげることが大事ですが、それと同じことが言えるのではと思うのですが。。。

もしくは、他の施設と差をつけたい、つまり儲けたいところが、それらしい理由で提案し、考えない人たちが追随しているだけのような気もしますが。

「週一日くらい休みの日があってもいいのでは?」という言葉と視点、大賛成です(^o^)v

7:Re: タイトルなし by RPTshin on 2014/07/10 at 20:59:24

こんばんわ

まさに同感です

日曜日のリハがないことで
外泊を促し、
実生活場面での状況を把握しやすい
など利点もあると思います

そして
僕の思いとしては
日曜日のリハをするなら
平日と同じ頻度や方法が必要かという思いもあります

せめて
日曜日にしか来院できない家族さんへの家族指導の時間とする
患者さんから求められる自主トレーニングの指導を主にする
など

平日と同じようなことではなく
より患者さんの主体的かつ能動性を引き出すための
時間として活用することは意義があるとは思いますが…

何れにしても病院の経営のことではなく
患者さんや家族さんが自由に選択できるべきではないかと
思います

何よりも
回復期から退院すれば
毎日の個別的な関わりがなくなるということを念頭に置いて
どうすべきかを考えるべではないかと思っています

回復期=365日リハ
この流れにはやはり疑問ですね…

でも
同感してもらえる方がいてうれしいです





▼このエントリーにコメントを残す

   

365日リハは本当に必要なのだろうか…

最近、回復期では365日リハ
当然の流れになっています

リハ効果も365日リハ
行った方があるとのデータも…

もちろん
しないよりした方が効果はあるのは
わかりますが

セラピストによる
個別のリハを増やすという概念だけでいいのか

ここに
僕自身は疑問を感じる部分があります

あえて
関わりを減らす日があり

そこで自ら行う
自習トレーニング

家族さんと行う練習…

休みの日にこそ
セラピストが関わらない部分で
どうしていくかを
指導する

これが
在宅復帰したあとの
生活設計のためにも
大切なことではないかと
思うわけです

回復期入院中は
毎日リハがある

ということは
主体性の部分は
少なくなる

また
退院後は
毎日のセラピストの関わりがなくなる

そこで
何をするのか

それを
回復期入院中から
指導していく

そして
患者さん家族さん自身が
できること
することを
主体的に取り組む

また
リハがない日に
起こることをセラピストも把握できる

そして何よりも
回復期入院患者さんは
高齢者が多い

週1日くらいは
休みの日があっても
いいのでは??

早く回復、改善を行い
在宅復帰できるよう援助する

そして
経営面や国の方針から
在院日数短縮して
医療費削減
ベッド回転率向上

などもわかりますが…

もっと
患者さんの先を見据えた
視点もあってもいいのでは…

個人的な思いです
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 365日リハ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
6: by seinosuke on 2014/07/10 at 06:43:39 (コメント編集)

こんにちは。

おっしゃるとおりだと思います。
最近のリハの世界は、ずっと手をかける、寄り添うことが優しさだと思われる傾向があるようですね。学校の先生や親は、子どもたちが厳しい社会に出た時にやっていける能力を高めてあげることが大事ですが、それと同じことが言えるのではと思うのですが。。。

もしくは、他の施設と差をつけたい、つまり儲けたいところが、それらしい理由で提案し、考えない人たちが追随しているだけのような気もしますが。

「週一日くらい休みの日があってもいいのでは?」という言葉と視点、大賛成です(^o^)v

7:Re: タイトルなし by RPTshin on 2014/07/10 at 20:59:24

こんばんわ

まさに同感です

日曜日のリハがないことで
外泊を促し、
実生活場面での状況を把握しやすい
など利点もあると思います

そして
僕の思いとしては
日曜日のリハをするなら
平日と同じ頻度や方法が必要かという思いもあります

せめて
日曜日にしか来院できない家族さんへの家族指導の時間とする
患者さんから求められる自主トレーニングの指導を主にする
など

平日と同じようなことではなく
より患者さんの主体的かつ能動性を引き出すための
時間として活用することは意義があるとは思いますが…

何れにしても病院の経営のことではなく
患者さんや家族さんが自由に選択できるべきではないかと
思います

何よりも
回復期から退院すれば
毎日の個別的な関わりがなくなるということを念頭に置いて
どうすべきかを考えるべではないかと思っています

回復期=365日リハ
この流れにはやはり疑問ですね…

でも
同感してもらえる方がいてうれしいです





▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。