FC2ブログ
RSS

部門内におけるOff-jtについて考える

少し前に見た経験5年以上のセラピストにおける
意識調査では
技術的なものに対しての興味が大きかった

セラピストとしては最もなことだと思います

そり部分については、
各自で休みに外部の研修会に参加したりして
自己研鑽は行えていると思います

そして、
部門内には伝達講習会として
組織内の知識として還元されているところが
ほとんどだと思います

そこで
今回は部門内のOff-jtをどう考えていくか
について自分なりの意見をまとめてみたいと思います

■技術以外の部分や業務に直結しにくい部分について
 大切なことは多くある
■社会人として、接遇面、コミュニケーションは大切
■現在所属している病期の部分の知識だけでは不十分なことがある
■後輩、学生教育から学ぶことは多くある
■将来のリーダー、管理者教育は短時間では難しく
 早い段階から育成していく必要がある

と技術以外の部分ではこのようなことを考えています

しかし
各人としてなかなか休日にこのような部分に対する
研修会には、自己投資して参加しないことが多い

この部分について
院内(部門内)教育・研修として
上位職者が積極的に研修会を開催していかなければ
ならないのではないかと思います

意外と経験年数の浅いセラピストもこれらの部分に対しては
知りたいと思っていることにアンケートを実施すると
気付かされました


上位職者として
技術的なものではないにしろ
知っていた方がいいと思うことはいろいろなことが
あると思います

その経験知をアウトプットできるよう整理して
伝えることは大切だと思います


当院では今年度からそのような取り組みを始めています
研修会の例を挙げると
■診療報酬改定から見る今後の動向
⇒今後どのような方向に進んでいくか
■介護保険と介護保険のリハビリテーション
■回復期かららの転帰先
⇒回復期しいう病期のことだけでなく
 生活期の知識を学習する
■退院前訪問指導について
⇒何を考え、何を指導するか
■福祉用具と住宅改修
⇒福祉用具の選定のポイントと住宅改修
 における知識の学習
■回復期におけるリハビリテーションの考え方
■後輩は実習生に対する指導の在り方
■会議の進め方
■タイムマネジメント
■リーダーの在り方
■キャリアアップをどう考えるか
■管理、運営について

など
これからもっと内容としては増えていくと思いますが
自己投資して若いセラピストが休日に研修会には参加しないが
知ってた方がいいと思えるものを院内のOff-jtとしての
場を提供し、
今すぐではなくても将来的に役に立つものについて
知識を得てもらえればと思っています
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: Off-jt 院内研修会
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す