FC2ブログ
RSS

「管理」「マネジメント」どう時間をつかう?

リハを提供するという直接的な業務のほかの
間接的業務

チーム、組織の中で、自分の立場が変わってくると間接的業務も増えてきます

そこで
どうチーム、組織で役割を分担し
よりよい運営、個人としてのキャリアアップの両面を充実させていくか
という点で考えてみたいと思います

■個人のキャリアアップ、組織としての永続的成長を考えて
管理」業務というのは、管理の方法がわかれば
大抵の人は行えるのではないかと思います
そして、管理業務を行う中で、直接業務では
気付けない部分を知ることができ、キャリアアップには欠かせないものだと思います

僕は管理者となる前から管理業務に携わっていました
その当時は
「なぜ管理職がしないのか?」という疑問を抱きながらの業務でしたが
今考えると重要な意味があったと思います


■管理とマネジメント
管理者が管理業務に多くの時間を費やしてしまつていいのか…
そういうことを最近考えています

それは
先ほども書いたように、「管理」という業務は方法さえ分かれば
大抵の人はできる
しかし組織運営を考えると重要なもの

でも管理に多くの時間を費やしてしまうと「マネジメント」ができない
マネジメントができないということは、
組織の永続的成長を妨げてしまう

そこで最近考える方法としては
例えば
PT部門の責任者は、PT部門のマネジメントをする
リハ部門全体の管理業務を行う
そしてPT部門の管理を副責任者に指導しながらまかせていく

リハ部門の責任者は、リハ部門のマネジメントをする
そして、リハ部門の管理をPTの責任者に指導しながらまかせていく

このような構図ができると
①将来の管理者の育成が段階的にできる
②管理者が不在となっても管理・運営は滞りなく行える
このような利点があるのではないでしょうか

管理者が今日の管理というものに時間を費やして
明日以降のマネジメントを考えられないと

組織の方向性、
ビジョン、ミッションも定まらない

つまり
大海原を目標なく舟を進ませているようなもので
乗組員(メンバー)の意欲も続かない

このようなことが起こるのではないかと思います

スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 管理 マネジメント
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す