FC2ブログ
RSS

医療監視からすべきことを学ぶ

毎年度行われる「医療監視
ここから、すべきことを学ばせてもらっています

そこで今回は
医療監視について書いていきたいと思います

◆問われること
リハビリテーション部門としては一番はやはり
実施計画書やカルテの部分ですね
実施計画書では空欄なく書き、説明を行っているか
カルテでは記載の不備はもちろんのこと
治療計画、評価や情報の共有がうまくされているか
という部分でしょうか

◆その他
僕が思うのには、
病院機能評価の内容をきちんと把握し、
それに準じた書類を普段から整理しておくことが
大切だと思います

・実績管理
⇒勤務状況、平均取得単位数、在宅復帰率
患者さん1人当りの1日単位数など
・教育、研修体制
⇒外部研修会への参加、学会発表
計画に沿った院内研修会の実施
⇒年間計画、実績
⇒教育体制

このあたりをしっかりマネジメントして
書類上も整理する
ごくごく普通のことだと思いますが
マネジメントと管理を普段からきちんと
するということが大切ですね

スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 医療監視
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す