FC2ブログ
RSS

私が理想とするチームビルディング

マネジメントの本には
難しいことが沢山書かれていますが

今回は私が目指すチームビルディングについて
書いていきたいと思います


自分の考えの根底にあるものは
「スポーツのチーム」に学ぶことが多いです


◆どうチームを創りたいか…
①目標を定め、チーム一丸となる(vision)
目標がないと進むべき方向が見えてこない…
高校野球の場合
「甲子園にいきたい」ということが大きな目標となり
チーム全員が一丸となってその目標に向かう
これと同じようにまず目標を定める
そしてメンバー全員が同じ目標を目指す
大切だと思います

②チームの特長(強み、弱み)をつかみ方向性を定める
今回は高校野球を例えに用いますが
それぞれチームには特長がある
投手力で守り勝つチーム
打力で圧倒するチーム
走塁でかき回すチーム
と様々な特長があると思います
自分の組織やチームでも
強みや弱みを把握して
どのような方向性で強みを生かすか
つまり
自分自身を知る
これはチームを方向づけるためにも
大切なことではないでしょうか

③目標達成のためにチームですべきことを把握する
目標や方向性が決まれば
目標達成に向けてチームとしてすべきことは何なのか
という具体的な方法を考える必要があると思います
目標と方向性が決まっても具体的にどうしていくのか
というものがないと「目標」ではなく「夢」
になってしまうと思います

④自分自身とメンバーそれぞれの特長を把握し生かす
先ほどのチームですべきことを把握できたら
自分を含めたメンバーそれぞれの特長を把握し
それをどう生かすか
これは大切なことだと思います
野球の例えでは
全員がピッチャーでは試合は成り立ちません
そして
バッターでもホームランを打てる人
ヒットを打てる確率が高い人
走塁が早い人
選球眼がいい人
など様々な特長の人がいて
それぞれの役割があると思います
つまり
それぞれの特長を把握し生かす
ということは
自分自身の役割を明確にするということに
つながるのではないでしょうか

⑤チームの方向性、目標を見失わないように
目標達成のためにすべきことを実行する
(mission)
これは明確な自身のチーム内での役割の中で
自身のすべきことを実行する
これが
チームの目標につながってくると思います

チームをまとめる人の役割
◆外部環境から見たチームの特長
⇒外部環境からみて自身のチームは
どのようの特長を持っているのか
◆目標達成のためのすべきこと
⇒外部環境からみて目標を達成するために
何をしなければならないのか
◆チームの方向性
⇒上記2つからどのような方向性にすべきか
◆全員の特長を把握し役割の明確化
⇒全員の長所短所などの特長を把握し
役割を明確化する
◆自らやりたいと思える能動的な状態への働きかけ
⇒そして何よりもやらされ感があれば
チームとして成熟しないので
いかにやりたいという能動的な状態への
働きかけができるか


これが私が理想とする
スポーツから学んだ
チーム形成です
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: チームビルディング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す