RSS

「指導」をどう考えるか…

20150122052844ed6.jpg

今月の勉強会は
「臨床実習」や「後輩指導」について
指導する側が何を考えていくいく必要があるのか
という内容です

昨今、
「学生の質の低下」が言われていますが
僕は、
学生や後輩に対して
指導者側がもっと指導に対するskillを上げる必要を感じています

特に学生は
指導者を選べず、出会った指導者に
成長の機会が大きく左右されることもあります

また
後身育成というアウトプットの機会は
自己の不足している能力を知る機会でもあり
そこから新たな成長の機会でもあると思います

さらに
りょうしつ良質な「共育」は
チームの成長、リハビリテーションの質の向上にも寄与できる
永続的な成長には欠かせないものだと思います

このようなことから
今回は
「指導」に対する方法論ではなく
「マインド」について話題提供しながら
ディスカッションできる場にしたいと思っています
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す