RSS

ICFをリハビリテーションに活用しよう

介護保険制度においても、
「生活機能向上」が重視されれている

リハビリテーション専門職として
「生活機能」を向上させるということは
特に回復期から生活期のリハビリテーションには欠かせない

「生活機能向上」と「機能向上」のマッチングをいかに構造的にとらえていくかが大切で
PTだからOTだからSTだからといった各専門分野のみにとらわれた
いわゆる「分業」では、患者さんを主体としたかつ
トータル的にサポートする体制として不十分さを感じる

そこで
ICFを活用しながら構造的に考え、問題解決に向かうことをもっと進めていく必要があると感じる

ICFの活用

ICFというのは、「生活機能分類」であってそのままでは
リハビリテーションの現場で活用することが難しい

①「生活機能と障害」
■心身機能・構造
 プラスの面を評価しつつ、ICIDHの機能障害を考える
■活動
 「できる能力」つまり、リハ時の能力を評価し、さらにFIMなどで「している能力」を確認しつつ
 マイナス要素について、ICIDHの能力障害を考える
■参加
 プラスの面を評価しつつ、ICIDHの参加制約を考える

ICIDHでの考えを取り入れていく際、参加制約→能力障害→機能障害の順で考えると
構造的にとらえやすい

②背景因子
■環境因子
 人的環境:介護者とその内容、程度など
 物理的環境:交通、公的機関、施設など
 制度、サービス
■個人因子
 性別、年齢、生育歴、教育歴、職歴、経験、性格、使用言語、習慣、役割、趣味、特技などその個人の特徴

これらについて、ICFをもとに整理できれば、
患者・家族の希望や望みと現在の能力から予後予測をもとに目標を設定していくことが必要
その目標には
①「する活動」と「参加」の目標
②①を達成するために必要な機能・能力改善の目標

そしてこれらの目標を達成するために
リハビリテーション専門職としては改善・回復に働きかけていくわけですが、
以下のことを考慮しつつ働きかける必要があります
■治療的アプローチ
 心身機能・身体構造を向上させる
 (筋力、可動域向上など)
■代償的アプローチ
 身体構造の欠損など
 (利き手変換など)
■社会的(環境改善的)アプローチ
 社会制度の整備や環境整備
 (介護保険制度、住宅改修、福祉用具の活用など)

これらをひとりひとりの対象者に対して整理し、目標を進めていけると
セラピスト間、ケア部門、MSWなどと患者さんを中心とした目標に向かったよりよい「協業」ができるのではないでしょうか
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す