RSS

人材育成の多様化

僕が新人の頃は
セラピストは技術職という意味合いが強く
プレイヤーとしての能力が昇進につながっていたように感じます

しかし
現在では主任級の管理者以上ではプレイヤーとしての能力だけではなく
組織管理を考える上では、人材、労務、経営など多様性の管理が求められており
実際、私の上司からも経営的な管理について求められることが多いです

つまり
年功序列のプレイヤーとしての能力で管理者となる時代は終わったのではないかと思います
またそのような体制では、その下にいるメンバーは大変な苦労を強いられます

そして今考えるべきことは中堅以上の人材育成についてどう考えるかではないでしょうか


昔、管理者になりたいという人が多くいて
さらに
プレイヤーとての能力を高めれば管理者になれる時代でした
しかし、今は違います

人材育成の進め方
このように管理者としての能力とプレイヤーとしての能力をどう見るか…


それを
現在の管理者がどう考え、
それぞれの能力を活かした役割をどう組織化するか
また
次世代の管理者を早期からどう育成していくかが必要ではないかと思います

だからといって
管理者だけでは組織は成り立たず
トッププレイヤーの育成も大切だと思います
それぞれの志向性の違いをどう組織化するか…
また
管理者としての昇進だけでなく
その部分の評価も大切ではないでしょうか
それらを考え
チームとしての成果を最大限上げるように組織化することも考えていかなければいけないと思います
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 人材育成 主任 所属長
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す