RSS

臨床家として学生へ貢献すること

学校の教員・講師は授業のカリキュラムに沿って
学生を理学療法士として国家試験に合格させることが第一になってくると思います

主に実習などで学生に携わることが多い私たち臨床に携わる者として
学生の出来を評価する
カリキュラムとしての実習だけでなく
もっと臨床に携わる側から、教員・講師としての話ではなく生の声
臨床で大切なことなどを
もっと学生の人たちに伝えていきながら
学校で学習する知識をどう臨床に活かしていくか
また
受動的な学習から能動的な学習へつなげてあげられるような
働きかけをしていくということも
これからの後進を育成し
よりよい教育という部分では必要なのではないかと思います

自分の臨床をアウトプットすることで
自分自身も再学習につながる部分も多いのではないでしょうか

学校の教員・講師と臨床の理学療法士が手をとり
学生に対して臨床で活躍するためのよりよい教育をする

この流れは大切に考えていけたらと思います
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す