RSS

3年目までに考え3年目以降にどう行動するか

新人として入職して、1~2年目くらいまでは
業務に慣れ
業務に追われ
という日々で1日が終わってしまうということはよくあることだと思います

しかしそれだけでいいのか…

3年目くらいになってくると
ある程度業務にも慣れ、
リハビリテーション業務ではある程度結果が出せるようになってくる
そして
その他の書類関係や係りなどの業務も効率よくこなせてくる

これくらいになってくると起こる問題が
〝仕事に対するマンネリ化〟
これが3~5年目程度の経験年数で起こってくる大きなモチベーション低下につながる要素となると思います

そして
〝外発的動機づけ〟は嫌だが、〝内発的動機づけ〟も持てない…
環境が悪いから退職を考える…
という悪循環

しかし
こういう多くの場合、環境を変えても何も変わらないということが多いと思います
なぜなら
問題が自分自身にあるということに対する気づきがないから…

そこで今回のテーマでもある
3年目までに何を考え、3年目以降にどう行動するかということが大切になってくると思います

要するに
3年目までにとりあえず何でもいいので
①自身の興味がある、勉強したい分野などを見つける
→自身の内発的動機づけの発見
②所属している組織の中におけるブルーオーシャンを見つける
→組織やチーム内における自身の価値を上げるために何ができるか考える
など明確な目標を見つけることが大切だと思います
そして
3年目以降にそれらを実現するための行動目標を立て、実行していくということが重要だと思います
さらにその目標に対して、資格試験など客観的な指標があると尚いいのではないかと思います
例えば生活環境支援に対して勉強していく…その成果としてケアマネ資格をとるなど…

このような個人の内発的動機つげができれば
3年目程度が一旦陥りやすいモチベーションの低下は防ぐことができる一助とできると思います

そしてそれが環境の問題ではないということに気づくきっかけになるかみ知れませんし
仮に自身の目標達成のために今自身がいる環境では達成不可能かも知ることができる…
そのような中で、現在の環境では困難である…例えば
生活環境支援に対してもっと勉強して患者さんに還元したい。そのために生活期のリハを経験したいが
自身の所属している場所ではその環境がないなど…

これまでは個人の問題として考えてきましたが
管理者として考えることは
少しでも内発的動機つげができるような援助が必要ではないかと考えています
例えば
院内で、PT、OT、STなど関係なく、
さらに
病期なども限定しないような様々な分野の勉強会を自由参加でできるだけ多く開催するなど

その中に話を聞いてみて勉強してみたいということが一つでもあれば
それが内発的動機つげにつながるのではないかと思うからです
さらに
分野や病期もっと広く言えば、リハ以外のことなどに対しても
広い勉強というのはゼネラリストを育成するためにも必要ですし
どこかで必要なこともある可能性があると思います

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す