RSS

マネージャーとリーダー

リハビリテーション部門で、「リーダーと主任」「主任と科長」「科長と部長」など様々な役職を受けることはあると思いますが、
それぞれ立場や役割の違いを明確にして期待行動や役割目標につなげているという組織は少ない気がする
私自身の所属する組織でも、未だ役割を明確にできていない、またその役職を受ける際の必要能力も示せていないのが現状です

リハ部門の体制というのは、未だ年功序列制度が多く、上位経験者が退職して次の経験の多い人材が役職につく
そこに至るための必要能力は特に問われていないということが多いと思います

しかし
今の時代、リハ部門にも管理が大きく求められている状態であり、
そのために必要な能力を備えた上で、役割を全うできなければ、振り回されるのは
メンバーに他ならない
もっと言うと職責者の能力によって経営的な部分、メンバーのやりがいなども大きく影響されてくると思います

そこで今回は、「リーダー」と「マネージャー」の違いについて書いてみたいと思います

プレゼンテーション1
マネージャーの仕事
部下の才能を業績に結び付ける一番の方法を見つけだす
部下一人ひとりの特色を発見し、それを有効に活用する
リーダーの仕事
より良い未来に向けて、人々を一致団結する


マネージャーとプレイヤーの違い
マネージャー使用者、プレイヤーは労働者
マネージャー仕事を振る人、プレイヤーは振られた仕事をまっとうする人
マネージャー結果に責任を持つ人、プレイヤーは仕事の執行に責任を持つ人

このようにリーダーとマネージャーでは役割が違うということを明確にして
組織の役職そして、職責を全うしていく必要があると思います

さらに、リーダーはいるがマネージャーが不在
マネージャーはいるがリーダーは不在
という組織構成となつてしまうと
現場の主張を強く押し出すことで経営幹部の納得を得られない
又は
経営的な部分を強く押し出すことで現場のメンバーの納得が得られない
という、現場と経営面のバランスが保たれず
絶えずコンフリクトが生じる事態となると思います
「現場」と「経営」のバランスを保ち上手くマネジメントしていくためにも
リーダーとマネージャーの存在は両方とも欠かせないものだと思いますし、役割りの違いからどちらが上位職責者とも言えないと思います
両方の人材を育成することが、永続的な組織の成長、マネジメントを行っていく上でも欠かせない部分だと思います
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: リーダー マネージャー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す