RSS

要望や提案に簡単にNOと言わない

要望や提案に対して自分の考えと異なるから…
反対されるから…
などの理由で簡単にNOと言い切っていいものだろうか?

出された要望や提案に対して実現した場合のメリット、デメリットは何か
誰のためになるのか
といった部分を吟味した上でメリットが大きい場合実現に向けた課題整理が必要

メリットが大きいにも関わらず自己の課題整理から解決能力、調整力がないことで実現できないとしてNOと言ってはどうしようもないと思う

NOは統合的に考えた最終判断であって初めからNOありきではなくまず前向きに検討することから始めることが大切だと思う

その結果、NOと判断した場合
その経緯についてしっかり説明すれば納得してもらえることも大いにあるのではないだろうか


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す