RSS

時間の使い方が下手な人に限って、他人の時間をよく奪う

時間の使い方が下手な人に限って、他人の時間をよく奪います。
約束の時間には、自分のペースで向かい、遅刻をします。「少しくらい待たせてもいいだろう」と思っています。
自分の都合だけで電話をかけて、くだらない話で相手の時間を奪います。「どうせ暇だろうから、いきなりかけても大丈夫だろう」と思っています。
相手の様子を確認することなく話しかけ、忙しい人の仕事を邪魔します。「自分のために時間を使え」と、偉そうになっています。
時間の使い方が下手な人は、時間に対する意識が低いです。時間とは、お金と同じくらい価値があります。
他人の時間を奪うのは、泥棒と同じです。時間泥棒です。「この人に関わると時間がなくなる」と思われ、どんどん人が逃げていきます。相手の時間を尊重しないと、相手から嫌われるのです。
時間は、一度奪ってしまうと、取り返すことができません。今この瞬間は、一生に一度きりです。
今一度、自分の行動を振り返ってみましょう。他人の時間を奪うような行動をしていないか、反省することが大切です。
相手の時間を尊重すると、相手からも、自分の時間を尊重されます。
時間を奪うのは嫌われますが、与えるのは好かれます。
お互いに時間を尊重し合える関係になれば、いい時間を過ごせる関係になれるのです。
出典: https://happylifestyle.com/12466

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す