RSS

「チーム」と「グループ」

チーム」とは
 共通の目的、達成すべき目標、そのためのアプローチを共有し、連帯責任を果たせる補完的なスキルを備えた少人数の集合体
「グループ」とは
 人の集まり

様々な場面で「グループ」ではなくチーム」として機能できるようにしていくことが重要だと思います
そして、チームとして機能していくためには、「自分はチームのために何ができるのか」「自分はチームの推進力の一助となっているのか」というエンプロイアビリティーについて常に考えることが必要

そして、チームリーダーが考えることとしては各人の持っているいい部分を活かし、チームとして大きな成果をあげられるかを考え役割行動に結び付けられるような働きかけやマネジメントができるかということが重要ではないかと思います
「仕事が人を創る」という言葉もあります。人それぞれ、いい(得意)部分もあれば悪い(苦手)部分があるのは当然です。個人のいい部分をチームに活かし、協働しより大きな成果をあげる組織こそいい組織である

単に仲良しグループという機能では、居心地はよくても、より大きな成果という部分にはやや難しい部分がある
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: チーム
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す