RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

「不満」への対処

仕事をしていると個々それぞれの考え方があり、自分の考えと異なるものが不満として表出されることがよくある

新人の人が抱いている不満を1つ上の先輩が聞いたとしてそれをそのまま上司に報告するかよく考える必要がある

なぜなら、その不満に対してそのまま上司に報告するということは上司から見ればそれを聞いた先輩も同意していると捉えられるから

後輩からの不満を先輩が聞いた場合まずは同意する内容なのか、そうでないのかを吟味しなくてはいけない

そうでないと思う場合は、後輩が抱いている不満に対してまずは教育が必要なこともあるでしょうし、異なった考え方もあることを呈示する必要もあると思う

同意する場合には、上司に不満を報告するだけでなく、それを解消するためにどうするかといった提案や、自分はどうしたいかということを考える必要がある

その課程を経ないと、単なる「わがまま」ということに
なり、それを同意する先輩も能力や指導力を疑われる可能性もある
それでは上司との関係を悪くするだけで、根本的な解決にはならないのではないだろうか

後輩からの不満に対して、先輩としてまず何ができるか、自分では難しい場合、自分より上の先輩に相談しながら解決策は導けないかということをすべきだと思う

他力本願では、先輩としての問題解決を身に付ける機会も失うし、後輩から信頼を得られる機会も失う
さらに上司からの信頼も失う

先輩がしっかりとしたハブ役になりながら上と下をつないでいけるといい関係性が生まれる

決して、不満は悪いことではなく、使い方によれば「提案」というチームにいい方向づけができる機会だと思う

それをいい方向に向けられるか、悪い方向に向くかは、自分の上司でも後輩でもなく、自分自身が担っているたいう気持ちが重要だと思う





スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。