RSS

退院時期を見据えたリハビリテーション計画に必要な目標設定

1.目標設定するとは
患者さんのニーズ家族の要望、そして評価結果と予後を踏まえた目標設定を行い、目標を達成するためにどう関わり問題解決していく必要があるのかといった部分を考え実行していく必要がある

2.どう具体化するかが重要
達成されるとされる「時期」達成されるとされる「レベル・状態」具体的に設定する必要がある
そして、医学的、客観的、根拠に基づいて信頼性のある目標設定が重要

3.目標設定に関わるポイント
①目標は患者さんや家族さんのものであるので、当人が目指すものに意味がある
本人の思いを感じ取り、暮らしの実情を捉える努力が必要
③本人の生活行為の遂行として具体的に示すことに意味がある
目標は言語化され、表現される必要がある
本人・チームと共有し実行していく必要がある
⑥ちょっとした達成で、日々の目標が持てるようにする
⑦現状とのギャップが大きい場合でも、今やっていることの連続性のあるステップを提示する
意欲の持てるような日々の関わりが大切
生活場面からアセスメントし、課題を整理する
本人の自己決定を促し、一緒に目標設定することが重要
潜在能力を引き出す目標設定が大切
デマンドとニーズを明確にする

4.まとめ
「早くよくなり1日でも早く帰れるように…」していくために、達成時期・状態が具体化された目標設定から、目標達成するために、「治療内容を明確に説明」し、「質の高い単位時間当たりの関わり」を行いながら、「量的確保」ができれば患者さんのためになり、さらにセラピストのスキルアップにもつながっていくという双方にとってプラスになっていくと思う
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す