RSS

動作わ分析する意義とは(回復期)

  • 問題点の把握と改善に向けたプログラムの立案
これは、学生の頃からずっと習ってきている部分で、トップダウン評価には欠かせない部分です
ここで重要なのは、
問題となっている能力の障害からそれを引き起こしている機能障害を把握する
そして
目標とするADLの獲得に向けた能力や機能の改善のために必要なプランを考え、プログラムを実行していくということにつながっていくということです

ここからの部分は、学生の時学校ではあまり聞くことはないが、実際の臨床では重要な部分かつ必要不可欠な部分だと思います
  • ADLでの転倒リスクの把握と対策を考え、自立度を判断
①運動機能やバランス能力
・どの程度の身体機能能力をもっているのか
・実際に行える能力とクライアントが思っている能力のかい離
特に実際の能力よりクライアントが自覚している能力が上回っている場合転倒リスクが高まる
(例)どのような手段でも歩行は介助がないと危険だが、本人は一人で歩けると思っている
②環境設定や福祉用具などの物的環境
物的環境などを考慮することで、転倒リスクを回避し、動作上でできるだけ自立度をあげられないか判断する
(例)高さ35㎝では立ち上がる際不安定であり見守りを要するが、高さ40㎝以上からの立ち上がりは安全に行える
(例)T字杖での歩行では左への不安定性があり介助が必要だが、前腕支持型四輪歩行器を使用すると安全に移動できる

最終的に①、②を統合し、転倒リスクを回避しながらもできるだけ自立度をあげられないか判断することが必要

  • スタッフや家族などへの介助指導
能力低下を引き起こしている機能障害を分析し安定性や安全性を確保できるよう指導する
(例)歩行時左立脚初期から中期で体幹屈曲に伴う前方転倒傾向が認められるため、左腋窩介助により同時期の前方転倒傾向を制動し安全性を確保する介助を指導する

[まとめ]
このように実際の臨床場面では、能力、機能の改善に向けた治療を進めていくということだけでなく自立度の判断や介助指導にとっても必要となる
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す