RSS

リハビリテーション提供単位数という時間で図る量的概念は考え直す必要がある


「リハビリテーション 単位数と改善 効果 厚生労働省」の画像検索結果

「リハビリテーション 単位数と改善 効果 厚生労働省」の画像検索結果



「リハビリテーション提供単位数と在宅復帰率」の画像検索結果

厚生労働省の資料にもあるように、リハビリテーション提供単位数に比例してADLの改善や在宅復帰率の増加にはつながっていないというデーター

リハ時間を増やしても効果がないなら、医療費を投入しても意味がないから削減していこうというのはこのデーターからみるとごもっともと思わざる負えない…


しかし、本当に考えなければいけないことがある

このデーターが示す本当の部分は時間単位の変化に対してもっと考えていく必要があるということを示唆しているのではないかと思う

つまり
時間をこなすという概念ではなく、単位時間当たりの変化を強く意識していく必要があるのではないか

これが、質的な部分の向上ということになるのではないかと思う

むしろここをもっと向上させていくことで、提供単位数に比例したADL向上や在宅復帰の増加につながるのではないかと思う

例えば、1時間で出せる効果が40分で行えたとした場合、20分分つまり1単位分医療を受ける人の支払う対価は少なくて済む
また、それは医療費の削減という大きな部分にもつながっていくと思う

そのためにやはり、自戒を込めてリハ専門職としてリハ提供単位という時間の概念ではなく、関わった単位時間当たりの変化に強く目を向けて質の向上を強固に進めていくことを日々思いながら進んでいく必要を感じる

現行の診療報酬では過激な発言ではあるが、1年目の新人であろうが、認定・専門資格をもった人であろうが、また、AセラピストとBセラピストで治療効果が異なるという部分においても支払われる報酬というのは同一であり、クライアントは担当者を選べないということも質の向上について個人としてまた、組織として真摯に取り組んでいかなければいけないと感じる

スポンサーサイト
このエントリーのタグ: リハビリテーション提供単位数 質の向上
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫