FC2ブログ
RSS

controlとmanagement

最近、リハビリテーション部門でも“management”がとりざたされていますが、

今日はこれについて考えてみたいと思います

201403251810262ca.jpg

このように“control”と“management”は違うことに気づかされます

さらに、

“control”は、

すでにある事象(業務管理などで、患者さんの振り分けなど)

に対して行い、言わば“現在のことをどううまくいくようにするか”
ということではないでしょうか

“management”は、

“未来に起こりうる問題を予測”して先手をうつ

“ビジョンに基づいて、ミッションを考え達成させる”

など、現在よりは先を見据えた管理行動と言えるのではないでしょうか?

そのような意味で、今まで“management”は重要だと思います

個人的には

リハビリテーション部門も、所属長(科長や部長)といった従来のトップに加えて、

並列して、“マネージャー”というものがあってもいいのではないかと思っています
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す