FC2ブログ
RSS

モチベーションがリハビリテーションによる運動機能回復と関連する

今回は、モチベーションと運動機能回復との関連について

文献を紹介します

Neural substrates for the motivational regulation of motor recovery after spinal-cord injury
Yukio Nishimura, Hirotaka Onoe, Kayo Onoe, Yosuke Morichika, Hideo Tsukada & Tadashi Isa
PLoS One, 2011.9.28
髄損傷後のサルの運動機能回復リハビリテーションにおいて、
運動機能回復が進めば進むほど、
モチベーションをつかさどる脳の部位と
運動機能回復をつかさどる脳の部位の活動の間に
強い関連性が生まれる

具体的には、モチベーションや情動をつかさどる
大脳辺縁系(腹側線条体、側坐核、眼窩前頭皮質、帯状回)等と、
大脳皮質運動野の活動の関連性が高まる

“元気・やる気”をつかさどる脳の働きが活発になることで、
脳神経障害からの運動機能回復を
効果的に進めることができるものと考えられる

[ Neural substrates for the motivational regulation of motor recovery after spinal-cord injury
Yukio Nishimura, Hirotaka Onoe, Kayo Onoe, Yosuke Morichika, Hideo Tsukada & Tadashi Isa
PLoS One, 2011.9.28]

<感想>
やはり、クライアントに対して運動機能ばかりに着目するのではなく
モチベーションを上げるというメンタルサポートを
考えながらリハビリテーションを進めていくことが
効果をあげるポイントとなるようです
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す