FC2ブログ
RSS

充実加算算定に必要な取得単位数を予測する

今回は、充実加算算定に必要な1職員平均取得単位を
予測できる方法を紹介したいと思います

充実加算とは…
患者さん1人1日平均で月に6単位以上取得している場合に
算定可能
患者さん1人につき1日40点

患者さん1人1ヶ月でだいたい12000円でしょうか

さて方法です
①病床稼働数×一月の日数×6単位(充実加算算定に必要な最低限の単位)

②実施日数×平均出勤人数

③ ①÷②=充実加算算定に必要な1職員の平均取得単位数

※365日リハを行っていれば、
一月の日数=実施日数となります

で予取得しなければならない平均取得単位が予測できます

Excelで作成すると…

20140423180945305.jpg

こんな感じになります

これは、充実加算だけでなく、

患者さん1人にどの程度単位を取得するかといった目標値を

決めても活用できると思います

スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 充実加算 回復期
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す