FC2ブログ
RSS

私が考えるEXILEから学ぶチームビルディング

僕は個人的にEXILEの運営の方法がすごいと感じています
それはどうしてか
今回は、僕が思うことについて書いていきたいと思います
①ビジョン(方針)が明確で周知徹底されている
EXILEの所属会社の名前でもあるLDHこれはビジョンになっていて
love、dream&happines(愛、夢、幸せ)
これが組織の方針になり、メンバー全員が同じ方向に向かっている
言わば“自律”している

②これだけの大きなチームでも個人が生かされている
通常歌手としてこれだけの人数がいると、普通に考えて
曲の売り上げだけでは個人に入ってくるお金って分配すると
少なくなりますよね
僕はその部分に関してどうやって運営できるんだろうと疑問に思って
いることがありました
歌手としてEXILEというチームで活動しながら、個人それぞれも様々な活動
を行っている
そうしながら、個人としても価値(知名度)が高められる

③一つの完成したチームではなく、日々進化していて、また精神が受け継がれている
これだけの大きな組織、そして成功をとげていますが、
完成されたものを継続しているのではなく、新しいメンバーを追加したりして
日々進化している


これらのことはリハビリテーション部門のチームビルディングを考えていく上で
大変参考になります
◆ビジョンを明確にしてメンバー全員が周知徹底でき、
ビジョンに基づいて個人として何ができるかを考え行動する
◆個人活動を支援する
 例えば、講師などは個人として後進を育成するという意味でも勉強になりますし
 自分も勉強になる
 自分の価値を高められる
◆日々前進するという姿勢、体制
これらを基軸に自分も素晴らしいチームビルディングを進めていきたいと考えています

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す