FC2ブログ
RSS

メンバーの目標を簡潔に導いてあげよう

“目標”がないところに実行力は生まれない
これは
患者さんを通じて日頃経験していること
だと思います
そして、
目標があるとモチベーションも維持されやすい

今回は目標設定する方法について考え直してみたいと思います
①ギャップ、ポジティブ要因
SWOT分析
smartゴール
glowモデル
①ギャップ、ポジティブ要因
◆ギャップ
“あるべき姿”と“現実”の差を考える
◆ポジティブ
“夢”や“ありたい姿”を描く
これらから
目標やaction plan(行動計画)をたてる
ポジティブ要因を使うか
ギャップ要因を使うかは
個人の性格によって変わってくると思います

SWOT分析
◆強み(strength)⇒長所
◆弱み(weakness)⇒課題
に対してどのような
◆機会(opportunities) を使うか
・長所を伸ばすためにどうする?
・弱点をどうやって強化する?
“長所を伸ばす”か“弱点を強化”するかは
様々な意見があると思いますが
まずは“長所を生かす”ことを考えてみると
モチベーションも高まるのではないでしょうか
そして、さらに
◆脅威(weakness) に対して
・長所をいかに他の人と差別化できる?
・弱みに対して最悪の事態にならないようどうする?
といったところも考える必要があります

smartゴール
◆具体的でわかりやすい(specific)
◆数値化やあるべき姿がはっきりしている(measurable)
◆ 同意して、達成可能(Agreed upon、achievable)
◆現実的(realistic)
◆期限がある(time-related)
このようにsmartなものかをチェックする

glowモデル
◆目標設定(goal)
◆現状把握(reality)
◆資源発見(resource)
・誰の力を借りる?
・どんな情報が必要?
◆選択肢創出(option)
・新しい方法は?
・試していない方法は?
・一番うまくいった方法は?
・自分らしい方法は?
◆意志確認(will)
・どれから始める?
・いつまでに?

これらの①~④を明確にすることが
簡潔な目標を考えて行く上で大切だと思います
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: SWOT分析 smartゴール glowモデル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す