FC2ブログ
RSS

宿題5月29日「学生・後輩指導を考える」

昨日と一昨日でこのブログに掲載した
「実習生の指導」について
まとめました
201405282121430fb.jpg

僕は個人的に実習生や新人メンバーの質
がどうこうと自分を棚にあげて
「相手が悪い」と考えると
そこからは何も見えてこないと思います

指導される側を伸ばすための
指導者側の資質を問う
「なぜうまくいかないのか」
「どう指導をしていけばいいか」
指導者側が
自問自答し自分に対して問題意識をもつ
そして
解決策を見いだす
これが重要なことだと考えています

何故なら
“学生や後輩は指導者の力量以上に伸びない”
のですから…
いかに
“人を見て指導方法を考えられるか”
“自立⇒自律へどう導いてあげられるか”
指導される側もする側も
お互いに学ぶことは多いと思います
指導する側が
“教育”するという上から視点では
うまくいきません
“共育”という視点が大切です

このコンセプトのもと
どうしていけばいいかということを
まとめてみました
まだ勉強会として開催する時期は
未定ですが
近々、新人や学生の指導を担当する
若手セラピストを集めて
院内で研修会を開き
伝えたいと思っています
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す