FC2ブログ
RSS

問題解決のポイント

回復期において
うまく発揮されていない
コンピテンシーの1つの“問題解決”

今日は考え方を簡単に整理したいと思います【チームや個人(臨床問題以外)の問題】
①テーマの選定
⇒問題点や課題をみつけ、改善に取り組む
テーマを決める

②現状の把握と目標の設定
・ギャップ分析
⇒“あるべき姿”と現状の差から
・ポジティブ分析
⇒“ありたい姿”と現状の差から

③要因の分析
⇒“なぜ”“どうやって”を明確にする
・ブレーンストーミング
・ロジックツリー
・5-why など

④対策や解決策の検討
・期待/課題マトリクス など
⇒何をすべきか(行動計画)をはっきりさせる

⑤実施
・ペイオフマトリクス など
⇒難易度が低く、効果の大きいものから始める

【臨床の問題】
うまくいかった場合
①承察
⇒失敗を分析する
・ロジックツリー、5-Why など
⇒問題を明確化する
・PICO など

②概念化
⇒EBMの活用など解決策を吟味する
・質の高い情報収集
・批判的吟味
・患者さんへの適応
・適応結果の分析

④実践



スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す