FC2ブログ
RSS

リハ分野における市場動向を考える

◆医療増大
◆都道府県の医療費抑制の
数値的目標の策定
予防事業の都道府県への
一部移管

これらから何を考えるか…
まず、医療費削減から
回復期病院としては
さらに
“質の向上”
“在宅復帰の促進”
“平均在院日数の短縮”
が求められてくるでしょう
特に
“成果による対価”という動きもあり
いかに質の向上を行うための
組織的な取り組みを行えるかが
課題だと思います
一方で
これからますます核家族化が進み
単身世帯の高齢者が増えてくる
つまり独居が増える…
回復期病院においては
“在宅支援”が行いにくい環境が生まれる
この部分についても組織的に
今から取り組んでおかないと在宅復帰の低下が
さけられなくなる


また、これからの時代
政府の動きからみて
予防
健康増進
でリハ分野が大きく関わらなければならない
また
成長分野になっていくのではないでしょうか
保険分野、保険適応外の分野で
いかに新しい事業展開を考えるか…
高齢化が進むなかでニーズも高まってくる

そして、
リハという分野の中で
1施設でいかに機能を集約できるか
例えば
入院リハ、外来リハ、訪問リハ、
予防リハ…
複数の医療機関による機能分化ではなく
機能集約が求められている
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す